便秘外来のある病院での便秘治療

病院の中には便秘外来という診療科目のある病院があります。便秘外来とはその名の通り、便秘の治療に特化している診療科目です。便秘外来のある病院での便秘治療は、肛門の専門医などが治療を担当しています。

便秘外来での治療法は、腹部X線検査や注腸造影検査、直腸肛門内圧測定などの検査を行い、便秘の症状について診断を行います。診断の結果に基づいて、主治医が治療方針を決定します。便秘の症状には個人差がありますので、治療内容は個人によって異なります。基本的な治療法は、投薬による治療と食事療法になります。便秘の症状改善には適度な運動も必要ですので、それらの指導も行います。

便秘外来を受診される患者さんは、下剤や浣腸などを日常的に使用している人が多いため、完治するまでには時間がかかることもありますが、治療後は下剤や浣腸を使用しなくても自然なお通じが得られ、快食快便の日常生活が送れるようになります。便秘による肌荒れや吹き出物、ニキビなどが解消されますので、美容面での効果も期待できます。口臭も便秘が原因になっている場合がありますので、治療を行うと口臭も解消されます。便秘が原因の頭痛や肩こり、腰痛なども治療を行うことにより改善されます。

このページの先頭へ